外国為替証拠金取引(FX)とは:外国為替FX@比較

外国為替FX(外国為替証拠金取引)を扱うFX会社を比較。初心者向け外国為替FX情報も。

外国為替FX@比較トップ» 外国為替証拠金取引(FX)とは

外国為替証拠金取引(FX)とは

 外国為替証拠金取引(FX)とは、「ドル、ユーロや円など、異なる2国間の通貨を売買する」取引のことです。通貨を売買した時点での為替レートの差額や、通貨の金利差などで利益を得ます。

  外国為替証拠金取引は、証券取引所のように特定の取引所があるわけではなく、世界各国の主要銀行を中心に形成されている「インターバンク市場」にて相対で取引されています。主に東京、ロンドン、ニューヨークの三大市場が取引の中心ですが、世界各地の市場を結ぶ事で、土日を除き基本的に24時間休むことなく取引が行われています。

 外国為替証拠金取引は、一定の保証金を為替取引会社に担保として預けることで、レバレッジを効かせて保証金の数倍の金額の取引をすることができるのがもっとも大きな特長です。このため、少ない資金でも取引を始められることができます(※保証金額は取引会社により異なる)。

  また、外貨預金にくらべて取引にかかる手数料も数分の1と断然割安で、外貨の高金利を効率よく受け取ることができるのも外国為替証拠金取引(FX)の大きな魅力となっています。

外国為替レートについて

 外国為替とは、「1ドル=110円」というような、2つの通貨の交換レートのことです。

  外国為替は相対的なレートで、例えば「ドル・円」の組み合わせなら、円の価値が上がって円が高くなれば、ドルとの価値の差が縮まるため、1ドルに交換するための円は「1ドル=110円」から「1ドル=105円」という風に少なくなります(円高)。

  逆に円の価値が下がればドルとの価値の差が開き、「1ドル=110円」から「1ドル=115円」という風に、1ドルに交換するための円は多く必要になります(円安)。
 円やドル、ユーロなど、通貨の価値は日々変動しているため、交換レートである外国為替も毎日変動しています。

  為替の変動は、長期的な要因は経済成長などによる国力の増加・衰退が主です。短期的な要因には貿易収支、景気、戦争や災害、要人の発言など様々なものがあります。

FX業者ランキング
FX初心者向け外国為替講座
FX知っ得情報
FX業者スペック比較
FX会社を特長で比較
バイナリーオプション(BO)比較
くりっく365でFX比較
話題の通貨でFX会社を比較
取引システムで選ぶFX会社
取引スタイルで選ぶFX会社
FX初心者お役立ち情報
FXブロガーさんを応援!